いざ、システム手帳の沼へ!

 開封の儀ですね。先日誕生日を迎えたのですが毎年夫婦で上限を決めてプレゼントし合うのです。これが欲しいなーって。プレゼントしていただいたものは長く大事に使いたいな、って思うので、長く使えるもの…と考えて万年筆とも迷いましたが、なんか違う。万年筆は自分で買いたいのです(伝われ)

f:id:blackthrush:20161112223300j:plain

 水面下で調べまくっていた(笑)システム手帳。ブランド名やサイズ、色、使い勝手など色々書き出して比較検討。お値段張るのでプレゼントとはいえ真剣に選びました。レイメイ藤井ダ・ヴィンチ。ロロマクラシックです!バイブルサイズのブラウンです!ひゅー!格好良い!

f:id:blackthrush:20161112223920j:plain

f:id:blackthrush:20161112224003j:plain

f:id:blackthrush:20161112224020j:plain

 革のしっかりした感じと触り心地最高ですね。システム手帳は高校、大学と使っていたので久し振りの回帰です。懐かしい。前回の日記からしてもうシステム手帳の沼は見えていたようなものですが(笑)

f:id:blackthrush:20161109152824j:plain

 リフィルは本体についてくる分の他にこれだけ購入しました。待ちきれずに本体より先にリフィルだけ買いました(笑)どれがトモエリバー紙なのかはまだよく分かっていませんが、万年筆で使うつもりなのでありがたいところ。

f:id:blackthrush:20161114150107j:plain

 もはや、私の中で手帳使い始めの儀式かも知れない…使用頻度MAXのココフセンをペタリ。読書しない日はないし、文庫本を持ち歩いていない日はないし生活必需品なのです。手帳も持ち歩くけれどその日のスケジュールによっては持ち歩く手帳が違うので(さらっと多数持ちな発言をしておくw)どこにでも付箋がいるのです。付箋がないと読書が出来ない身体になってしまいましたw

 そんなわけでロロマクラシックをプレゼントしていただき、めでたくシステム手帳沼へとドボンしました。創作用に使っていこうと思っていますがある程度、完結させたい気持ちもあるので暫くは他の手帳との併用で様子見というところです。また使い込んできたら記事を書きたいかなっと。今のところは詩作のための言葉集め(これは本当に色んなノートをとっかえひっかえ書き付けてきたので取り外せる、集約できるリフィルに書くことで漸く収束するのかな、と)、万年筆とインクの管理、ネタ集め、資料などに使えたらいいかな、と考えています。まだおっかなびっくりで外には持ち出せていませんが明日は一緒にお出掛けしようかな♬