素敵な出会い


HONDAに車検の車を取りに行き、だーいぶお金をかけてタイヤ全部交換やら足回りをしっかり修理したモビリオでマンウィズ聴きつつ快適にドライヴ。

ひとりカフェで読書したり、どっかで写真を撮ったりが好きなので 気の向くままに車でふらふら。


そういえば、と気になっていた北区のカフェ「尼ヶ坂」 (ブックカフェ?)に行こう!と向かってはみたものの
直前になって判明した木曜日休み(;_;) 結構走ったので、マジかぁと凹みつつも気持ちはブックカフェ
だったので他のブックカフェを検索しつつ見付けた 古本カフェ「cesta」


ほんっとにわかりにくくて小さなお店だったのではじめ車では
見付けられず日泰寺近くのパーキングに駐車。またもふらふらしながら久々の覚王山を堪能( ´▽`)
そして小雨のなか見付けた古本カフェ。


ざっと本棚を見ていくとアラーキーやら寺山修司やら私がピンとくるようなマニアックな品揃え。
アングラ系の。 そこで「ニセアカシア」という自費出版の写真集と石川達三氏の「深海魚」という小説を購入しました。



「本と旅」という展示もしていてすごーく素敵なイラストが壁に展示されていました(*´`)


少し展示スペースが狭いかな?と思ったものの、これも出会いだし!と
勇気を出して写真を展示させてもらえないかを聞いてみました。
すると意外というかあっさりというか快くOKしてくださいました。



何をテーマに撮っているかなど聞かれて「生と死です」と答えると、
やっぱりというかアングラ系が好きだった店主と意気投合。
球体関節人形の展示とかもしたりするんだって!あれかな、今まですごーーーく
腰が重かったのですが今日で一気にことが運びました。
夢のひとつだったから自分で大仰に考えすぎていたのかも。


今年中に写真展を開催することができそうです(*≧∀≦*)



今度、名刺替わりの詩集とポートフォリオを持って伺うことに。
完全に自己満足なのだけれど、すごーく楽しみです。

どんな展示にしようとわくわくが止まらない(o>ω